« 06.11 | トップページ | 06.18 »

2006.06.17

『とびだせアルビニスト(仮)』

ほとばしるアルビニズム。
スティーブ・アルビニ先生の参加音源や、Electrical Audio録音音源、先生のスピリットを受け継いだアーティストによる音源などを、全身&魂で受け止めるイベント。

→日時:2006年6月17日(土)22:00~05:00
→場所:三軒茶屋 midnight cafe DUNE
→チャージ:300円
→DJ:
 22:00~22:35 Spoon
 22:35~23:10 (Discaholic Funkyjedi)
 23:10~00:20 小林英樹 (some of us)
 00:20~01:30 (Discaholic Funkyjedi)
 01:30~02:40 松本修 (Linus Records)
 02:40~03:50 Spoon
 03:50~05:00 24no (noise)

【セットリスト】

22:35~23:10
01. Low / Starfire
Slow CoreといえばLow、LowといえばSecret Name、LowといえばStarfire、Slow CoreといえばStarfire、ぐらいに思っております。超名曲Starfire。なんなら、アルビニといえばStarfireといってもいいぐらいの会心作。

02. Bedhead / Parade
ずーっと、アルビニPRODの名盤だと思っていて、今回も当たり前のように"Lowに続けられるアルビニモノはBedheadしかないでしょう"とTransaction de Novoからこの曲をセレクトしたんですけど、よくよくクレジットを見てみたらアルビニって書いてないんですねコレ。俄かに自信がなくなってきたんですけど…アルビニですよねぇ。

03. Nina Nastasia / This Is What It Is
この曲が収録されている2ndアルバムBlackened Airの一つ前、NinaのデビューアルバムDogsをアルビニが「自分の関わった作品の中でベスト」って言ってたんですよねぇ。確か。そのDogsは流通が悪くてずーっと買えなくって、ようやくこの2ndでTouch & Goに移籍したことで買えるようになったんですよねぇ。懐かしい。渋谷クアトロ時代のワルシャワで買ったなぁ。

04. Smog / Back in School
そして、Smog a.k.a. Bill (Joanna Newsomちゃんにメロメロです)Callahan翁。96年発のEP"Kicking a Couple Around"で実現したアルビニ録音作。しっとりし過ぎでアルビニかどうか判別つかないという声もありますが、良いじゃないですか、良いんだから。

05. Plush / (I Didn't Know) I Was Asleep
しっとりし過ぎでアルビニかどうかの判別がつきづらいといえばPlush。そして、SmogといえばPlush。似てるってわけじゃないんですけどね。この曲が収録されているアルバム"More You Becomes You"がリリースされた当時、Smogとのジョイントでジャパンツアーやりましたね。そんな余談はどうでも良くって、Plush最高です。

06. Dirty Three / Ends Of The Earth
"Ocean Songs"ですよ。これが出た時期、THOKの良い仕事っぷりも手伝って、Dirty Three株って異常に高かったですよね。来日を夢見たあの日も今や遠い過去、いよいよ来日目前です。

07. The Magnolia Electric Co / Peoria Lunch Box Blues
Songs: Ohiaさんの変名(隠名?)プロジェクトのセルフタイトル(?)作収録。Songs: Ohia名義の作品でアルビニってPRODしてたんでしたっけ?Steve Albini's Bluesなんて曲も作ってますけどね。Peoria Lunch Box Bluesは、アルビニの秘蔵っ娘Scout Niblett嬢がボーカルを取った曲。

08. Scout Niblett / No-One's Wrong(Giricocola)
そして、Scout Niblett嬢。名盤"I am"収録。テンション張り詰め過ぎなアルビニPROD作が多い中でも、とりわけテンション高いのがスカウト嬢。ひとりなのにねぇ。ホントすごい。この娘にゃ脱帽する以外ありません。

09. Low / Immune
締めは再びLow。って、次の小林さんにパスするのに微妙に時間が出来てしまったので急遽かけることにした曲なんですけどね。これもSecret Name収録。

00:20~01:30
01. Nirvana / Radio Friendly Unit Shifter
02. Chevelle / Anticipation
03. Superchunk / Cast Iron
04. Crain / The Dead Town
05. Silkworm / Pearl Harbor
06. Bitch Magnet / Mesentery
07. McLusky / To Hell With Good Intentions
08. Uzeda / Suaviter
09. Valina / St. Petersburg Me Cannibal
10. Giddy Motors / Magmanic
11. Yourcodenameis:Milo / Lions, Then Donkeys
12. Oxes / Dear Spirit, I'm In France
13. Ricaine / Tact Vs Deceit
14. Dysrhythmia / Bypass The Solenoid
15. Gordz / Photo D' Une Famille En Train D' Eclater
16. The Jesus Lizard / Mouth Breather
17. Oxbow / The Last Good Time
18. Bellini / Conflict Between The Fire And Wet Wood
19. Man Or Astro-man? / Z-X3
20. Flogging Molly / Devil's Dance Floor

|

« 06.11 | トップページ | 06.18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 06.11 | トップページ | 06.18 »