« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.26

RF / View of Distant Towns

Guitar / Saltykisses

| | コメント (0)

2006.02.25

Mogwai / Mr. Beast

Jimmy Edgar / Color Strip

Battles / EP C / B EP

| | コメント (0)

2006.02.21

Spark / The Robotic Girl Next Door

ML / Everyone Looks Like Somebody Else

Quench / Punctuated

| | コメント (0)

2006.02.18

Fugazi / 3-16-90 Gainesville, Florida: American Legion Hall
Fugazi / 10-14-91 Sydney, Australia: Triple J Radio
Fugazi / 5-29-92 Bordeaux, France: Theatre Barbey
Fugazi / 8-9-93 Washington, D.C.: Fort Reno Park
Fugazi / 8-28-93 Kansas City, Kansas: Memorial Hall
Fugazi / 10-6-99 Geneva, Switzerland: L'usine
Fugazi / 3-27-02 New Orleans, Louisiana: Tipitina's
Fugazi / 10-22-02 Birmingham, UK: The Sanctuary
Fugazi / 10-31-02 Leeds, UK: Metropolitan Uni Student's Union
Fugazi / 11-4-02 London, UK: The Forum
先日のGoldfrappに続いて、今度はFugaziのライブ盤シリーズ10セット17枚。
以前20枚セットで出たシリーズの第2弾。正座して聴くです。

Merzbow / Houjoue

| | コメント (0)

2006.02.13

Ahleuchatistas / What You Will
高速驀進マスロックバンドAhleuchatistas(なんて読むの?)の3rd。たぶん。あっちにブッ飛んだり、こっちにカッ跳んだり、けど、ひと度走りだしたらツーバスでドカドカドカドカ!愉快で痛快で爽快なことこの上ないです。

| | コメント (0)

2006.02.10

Goldfrapp / Live : 3rd October 2005 : Brighton Dome
Goldfrapp / Live : 5th October 2005 : UEA Norwich
Goldfrapp / Live : 6th October 2005 : Carling Academy Brixton
Goldfrapp / Live : 8th October 2005 : Manchester Academy
Goldfrapp / Live : 9th October 2005 : Nottingham Rock City
Goldfrapp / Live : 11th October 2005 : The Refectory, Leeds University
各アルバムのタイトルが示すとおり、Goldfrappの05年10月の6公演を収録したライブアルバム。全部2枚組。全部で12枚。全部買う必要はあんまりないんでしょうけどね、重症なGoldfrappヲタクなので…。

| | コメント (0)

2006.02.09

Wisp / NRTHNDR

| | コメント (0)

2006.02.06

Llips. / Unalaska & the valley of 10000 smokes / smell (a-side)
U-CoverのCDR RE-ISSUEシリーズ第2弾。タイトル通り、Llips.の2000年発のLP"Unalaska & The Valley of 10000 Smokes"からA面収録の"Unalaska"とB面収録の"The Valley of 10000 Smokes"を、そして、同じく2000年発のLP"Smell"のA面収録の"Smell"をまとめた全3曲。って書くのがバカバカしくなるほどタイトルまんまですね。はい。

Vessel / Resist

Monoceros / When I Was A Child I Wanted To Be An Astronaut

| | コメント (0)

2006.02.04

Prefuse 73 / Security Screenings
これはどういう立ち位置な作品なんですか?ミニアルバムとは言われてますけど、アルバムじゃダメなの?アルバムはもっとコンセプチュアルに作られているってことかな?けど、これは曲単体で聴くというより"アルバム"としてしか聴きようがない作品に感じるんだけど…。はて。

Foxy Shazam! / The Flamingo Trigger
話題沸騰Foxy Shazam!
僕も御多分に洩れずPureVolumeの試聴で撃ち抜かれてしまいました。マイク・パットン先生方向の香りがプンプン匂うポスト"アギャギャギャ系"コア。なにはともあれ試聴しましょう。良くも悪くも撃ち抜かれるから。

| | コメント (0)

2006.02.02

Céline / Elapsed Time
詳細はよく分かっていないんですけど、昨今のIDM界(特にFunckarma界隈)ではワリと知る人ぞ知る的な立ち位置にいるらしきフランス人の女性ボーカリストCélineのデビューフルアルバム。
全10曲が他のアーティストとのコラボ作という形態になっておりまして、そのコラボレーター達の顔ぶれ(そしてその見事な仕事ぶり)が凄い。Funckarmaは勿論のこと、Ulrich Schnauss、EU、Mr. projectile等々、マニア垂涎、いや、マニアでなくとも垂涎の作品となっております。女性ボーカルもののエレクトロニカとしては決定盤でしょう。曲によって英語とフランス語を使い分けておりますが、どちらもこれまた素敵でよろし。
ちなみに、マスタリングはワーカホリックTwerk先生。

Sutekh / Context Unravelled
Sutekh率いるContextから12インチでリリースされているアーティスト同士のVS企画モノ"Unravelled"を冠したMix CDが登場。MixはボスSutekh。全音源がContextのバックカタログのみを使用してMixされた、レーベルを、今のクリックの最前線を知る上でも最良の逸品。

B. Fleischmann / The Humbucking Coil
たくさん出ている気がしていたんですけどフルアルバムとしては4枚目なんですね。というか、Morrからのフルって前作のWelcome Touristだけだったという事実に今頃気づきました。で、その前作が冒険的内容だっただけにB. Fleischmannという人の作風というのが僕の中で掴めなくなっていたんですけど、今作を聴いて「そうだそうだ。こういう人だった」って思い出しましたよ。っていうだけじゃなくて、なんかこうネクストステージに進んだ感もありますね。もしかしたら傑作なのかもしれません。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »