« 12.22 | トップページ | 年間ベスト音盤10 »

2005.12.30

William Basinski / The Garden of Brokenness
2062新作!リイシューではなく、新作となるとSilent Night以来かな。バシンスキーの新作が聴けるというだけで、もう正座です。クレジットにある通り、映像作家James Elaineの作品"The Garden of Brokenness"にインスパイアを受けた作品(でいいのかな?)。Spekkからリリースしたリチャード・シャルティエとのコラボ作も、これが出発点になってましたよね?ピアノを基調とした、50分弱1トラック。

● Ricaine / The Clarity of Distance
フランスのruminanCeが満を持して放つリイシュー作品。とでも書きたくなるほどの充実作品は、97年にリリースされたオーストラリアのスリーピースRicaineの2ndの再発盤。ボブ・ウェストンPRODのハードエッヂ作で、全てのアルビニストに響くであろう傑作。

|

« 12.22 | トップページ | 年間ベスト音盤10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12.22 | トップページ | 年間ベスト音盤10 »