« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.27

Eight Frozen Modules / Crumbling And Responding
はい。またKenneth James Gibsonです。8FMです。これは、g25productionsからのリリースで、これも今年のリリースみたいですね。2005年6月リリースみたいです。で、音はといえば一昨日書いた「Mille Plateauxテイストな8FM」と書いたイメージを早速ブチ壊してくれるようなブレイクコアテイストな路線。音も硬質な感じで、だだっぴろい工場かなんかで騒音を聴いているような錯覚にも陥ったり。こうなるともうEMC名義との違いは全然分からなくなりますな。

| | コメント (0)

2005.11.25

[A]Pendics.Shuffle / Helicopter Hearts
最近連発して買ったEight Frozen Modules a.k.a. Electronic Music Composer a.k.a. Kenneth James Gibsonの更なる別名義作。ちなみにこれも10月にリリースされたばかりという多作っぷり。
レーベルはOrac(流通はKompakt)。この名義だとForce Inc.の後継レーベルDisco Inc.がリリースしたコンピ“Hypersex Code1”に曲提供をしてましたね。ということで音の方向もForce Inc.が展開していたデジタル・ディスコ方向。
Mille Plateauxテイストな8FM、Planet μテイストなEMCがあって、さらにコレってこの人タダもんじゃないですね。

| | コメント (4)

2005.11.23

Sawako / Hum
12k新作。12k+LINEでリリースしたコンピ“Two Point Two”に参加していたSawakoの新作(何枚目とかはよく分かりません)。12kで日本人女性というとHappyなわけですが、Happyではなく12kからリリースされている理由が納得いく12k的な内容。あ、でも声(歌ではなく音素材としての声)が使われているのって珍しいね(調べたら12k作品の中では初めてらしい)。

Antti Rannisto / Ääniesineitä
もういっちょ12k新作。フィンランド発の27歳かな?去年audio.nlから出した12インチ以来の初フルアルバムということのようです。音は、12k的というよりraster-noton的な数字が脳内を飛び交っているような感じがするインテリミニマル電子世界。

B.Fleischmann + Tarwater / Japan Tour 2005 Morr Music
先日のジャパンツアーに合わせて今回もアフターアワーズがツアーEPをリリース。前者2曲、後者3曲の全5曲24分弱。

| | コメント (0)

2005.11.20

Electronic Music Composer / Abandon Music
この間買ったEight Frozen Modulesの別名義作。
これもリリースは今年。Planet Muから。
8FMと同様にアゲ気味なエレクトロではあるんですけど、
Plateaux的な四つ打ちクリックだった8FMに比べると、
Planet Mu的なアゲジャングルというかブレイクコア的展開が色濃い感じ。

| | コメント (0)

2005.11.19

V.A. / Psychokinesis
LacklusterのRemixSelectionを買ったんですけどね。
届いたブツはこれでした…。海外通販なんてそんなもん。
とはいえ、LacklusterもMr.Projectileも参加しているこのコンピはめっけもん。
これはこれでとても嬉しい。

V.A. / Blamstrain: Remixed
先日買ったBlamstrain / Ensiのリミックスアルバム。
リミキサー陣はFunckarma、Isan、Proem、Lackluster、Syndrone他。
「とても眠れない この月夜に 友よ、お出でよ 歌おう、踊ろう 一晩中」
と、ジャケ裏にひっそりとに書いてあります。

Quench / A Journey Into Electronix
U-COVERのCdr Re-issueシリーズ第一弾。
2000年に極少限定でリリースされたアルバム(この名義のデビュー作かな?)をCDRでリイシュー。シリーズ化されるみたいだからU-COVER初期作品はこうやってフォローされていくのかもですね。

Cristal / Cristal EP
先日買ったCristalの1stがえらく気に入ってしまったので、
入手しました、03年発のEP。3インチCDで2曲入り20分弱。

Spokane + Cristal / Europe 2004 Tour EP
もいっちょCristal。タイトル通りSpokaneとの欧州ツアー時のEP。
両者各1曲ずつで10分弱。ちなみに、200枚限定。
これもAll is Numberからのリリースで、カタログナンバーはAINπ。

| | コメント (0)

2005.11.17

Goldfrapp / Number 1 (CDEP)
昨日着いた2枚に一日遅れてマキシEPが到着。
昨日内容に関して全然書いてないので、(きっと需要はないだろうということを承知しつつ)一応説明しておきますと、通常版EPが表題曲と未発表曲“Beautiful”の2曲入り、マキシEPは表題曲のリミックスと“Ooh La La”のライブと表題曲のPV、DVDEPはツアーのバックステージの模様とかが映されたビデオ(バックに表題曲が流れる)と“Satin Chic”のPV(かな?)と“Lovely 2 C U”のT.Raumschmiereのオーディオトラック。どうもこのDVDなのにオーディオトラックが入っているのってアレですよね、どうかと思いますよね。UK盤のDVDEPだと頻繁に見かけますけど。そんなんならCDに入れてくれればいいのにと。
ちなみに3枚の中での最大の収穫は未発表曲“Beautiful”。確かにアルバムに入っていても入っていなくてもいいような曲ではありますが、確実に素敵です。

| | コメント (0)

2005.11.16

Slipknot / 9.0 : LIVE
CDでは初となるライブ盤。2枚組全24トラック。間違いなく買うのは決めていたんですけど、間違いなく買うって決めているものってついつい後回しにしがちですよね。ということで、いつ買おうかなぁって思っていたんですけど、つい試聴をしてしまったら1曲目の出だし音を聴いただけでノックアウト。

The Mars Volta / Scabdates
こちらもライブ盤。マーズ・ヴォルタに最も興奮させられたのは、“アストロホールで1st EP購入→初来日公演”だったあの日(02年4月7日)まで遡っちゃうぐらい、今は僕のストライクゾーンとはまた別の世界へ進んでいってしまっているわけですが、やっぱりライブのカオスっぷりだけは、別物というか別腹で、「最高!」と今でも思うのです。最高!

V.A. / Pop Ambient 2006
Kompaktの名物シリーズ第6弾。ずーっと買い続けているレーベルコンピものではこれが一番長く多く買っているものになってる気がするなぁ。ま、義務盤です。内容にも当然文句などあるはずもありませんし。

Goldfrapp / Number 1 (CDEP)
Goldfrapp / Number 1 (DVDEP)
まとめて買ったはずが分割発送されてしまったブツ(もちろん送料は個々それぞれに…)が遥々UKより到着。つーか、もう一枚マキシシングルが同時発送されているのになぜか2枚が先着。なんだかなぁ。

| | コメント (0)

2005.11.13

Saxon Shore / The Exquisite Death Of Saxon Shore
新作。これは…3rdになるのかな?元から良質バンドではありましたけど、
デイヴ・フリッドマンPRODの今作で一気に抜きん出たというかブチ抜けた感じですね。
そこら中で絶賛されているのにも納得。

Brian McBride / When The Detail Lost Its Freedom
Kranky新作。Stars Of The LidのAdamさんが今年(去年だっけ?)The Dead Texanとしてソロアルバムをリリースしましたが、その片割れであるBrianさんもソロ名義でデビューです。なるほど、こうやってSOTLは形成されているのか…と、納得の内容。これ素晴らしいです。ちなみに本体SOTLは来年アルバムリリース予定(というか今年予定だったのが延期中)。

Windy & Carl / The Dream House + Dedications to Flea
Kranky新作。超久々のアルバム!しかも2枚組!
ということで、今か今かと待っていたのに、フタを開けたらEP×2枚というオチでした。
しかも、Dedications to Fleaは別レーベルから今年出たEPそのまんまだし。なんだよーもー。

Hella / Concentration Face & Homeboy
充実しすぎな新作EP(4曲30分弱)に膨大なボリュームのライブ映像を納めたDVDが付いた変則な新作。ちなみに、ライブ映像はジャパンツアー映像。…覚悟はしていましたが、あまりの自分の目立ちっぷりに具合が悪くなりました。

Coptic Light / Coptic Light
Hella級の変態千手観音バンドがもうひとつ。Battles来日時の逆立ちパフォーマンスも記憶に新しいex-Storm & StressのKevin Sheaのニューバンド。といっても他のメンツもex-Bitch Magnetだったりするようなので、スーパーバンド(トリオ)って言っていいのかもしれません。つーか、音を聴けばそれだけでスーパーバンド。ブチ切れてる。

Jasper TX / I'll Be Long Gone Before My Light Reaches You
スウェーデン発。Dag Rosenqvistなる人物によるソロユニットの1st。
冷たい濃霧の中を彷徨うかのようなギタードローン系サイケ世界。
とはいえ、轟音ポストロックその後的な立ち位置も感じるので、その辺好きな人は要チェックでしょう。
ちなみに、マスタリングはAndreas Tillander a.k.a. Mokira。

Landing / Brocade
ギタードローン系サイケ世界といえば、何はともあれ前出のWindy & CarlとこのLanding。今作はStrange Attractorsに戻っての6thフル。家庭の事情(?)でバンドの顔ともいえるDickが脱退してしまうという事件もありましたが(正式脱退ではないようです)、無事リリースにこぎつけられてホッとひと安心。ちなみに、今作から5番目のメンバーとして初期からバンドを支えてきたタンジェリンドリームのピーター・バウマンが正式クレジットになってますな。

Piano Overlord / The Singles Collection 03-05
ワーカホリックScott Herren a.k.a. Prefuse73 a.k.a. Savath + Savalas a.k.a. Delarosa & Asoraの新名義、Piano Overlordの1st…かな?タイトルがこんなだから違うのかもしれない。なんてそんなことはどうでも良くって、良いのは作品。各名義どれも好きですけど(特にサヴァス+サヴァラス)これ、全名義の中で間違いなく一番好き。基本はブレイクビーツなのかな。各名義の良いトコ取りをして更にもうひと煮立ちさせた感じ。

Tape / Rideau
つい先日、Mort Aux VachesをリリースしたばかりのTapeの3rdフル。
こちらはいつものHapnaから。ちなみに、今作はHEADZから日本盤もリリース。
とはいえ、Hapna作品はビニールケースに入っていないとイヤだとか言い出すタチの悪いヲタクなので、Hapna盤を待ってゲットなのです。

Avia Gardner / More Than Tongue Can Tell
ここにこの作品が載っているのを見て「えぇっ?お前まだ買ってなかったのかよ!」と思う方がいらしたら謝ります。すいませんすいません。ということで随分前から色んな人に「intr_versionから出た女性ボーカルのやつメチャメチャ良いよ!」とお薦めしていたクセに僕は買っていなかったのでした。すげぇいい!とは思ったんですけど、その当時は女性ボーカルな気分じゃなかったんですよねぇ。という言い訳です。Mitchell Akiyamaさんが参加しているなんて知らなかったしー。

Tomcats in Tokyo & Isan / Split
Awkward SilenceのスプリットEPシリーズ。3インチCD-Rに変わって早くも第3弾。
Tomcats in Tokyo & Isanというか、Tomcatsが1曲と、Isanがその1曲をリミックスという内容。
それにしても、アナログでリリースされたシリーズの過去作もCD-R化してくれんかなぁ…。

Tracer AMC / Flux and Form
すっかりお気に入りなので、1stも慌てて購入。
つーか、これを聴いていなかったって、どうかしてますね。なんでだろう。なんでなんだ。

Blamstrain / Ensi
欲しいm3rckモノは押さえておけシリーズ。
フィンランド発。Juho Hietalaさんの1stフル。
m3rckものとしては、わりかし硬派というか音が硬質かな。
浮遊感があったり、ビシビシなIDMだったり。マスタリングはTwerk

V.A. / Perspective Fragments Vol.1
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。02年に出たレーベル(というか02年的新進IDM系電子音楽業界)コンピですが、Vol.2って出ているんですか?メンツは、Electric Birds、Tim Koch、Lusine icl.、Kettel、Funckarma、Cosmic Connection、Ten and Tracer 他。

Ulrich Schnauss / Far Away Trains Passing By (Reissue)
いくらプレスしたっていくらでも売れ続けるだろうに、なぜかCCOが廃盤にしちゃった1stをDomino USAがリイシュー。ふーん。ぐらいに思ってたらボーナスディスク付きの2枚組仕様だと。元々2ndをリイシューする時に収録しようとしていた(収録しなかった)楽曲群のようですな。そのディスク2は6曲40分弱の未発音源集。これを買ったことでCCO盤が浮くわけですが、CCOデジパック盤はヲタ的に手放せるハズがありませんわな。

| | コメント (0)

2005.11.12

Underworld / Lovely Broken Thing
なかなか自宅でゆったりネットを出来る時間がなかったので、今日になってようやく購入出来ました。underworldlive.comにて。1トラック(7曲)28分36秒のMP3です。売り方とかフォーマットとかで正規作品じゃない風な感じもあるかもですが、まぎれもないUnderworldの新作であるという事実&実際ここにある音を前にするとそんなことはワリとどうでもいいことです。

| | コメント (0)

2005.11.11

Eight Frozen Modules / Clinically Yours
Mille Plateauxが潰れ、Mille Plateaux Mediaがポシャり、そして、再度立ち上がったPlateaux Resistanceなわけですが、第一弾のParadroidを出したきり、7月リリース予定だった本作がいつまで経っても出ず、残念だけど…またダメだったんだろうな…と、そろそろレーベルの存在自体が忘却の彼方に行きそうになっていたんですけど、唐突に並んでてビックリしちゃいました。というか、何も買わないつもりが、これを発見してしまったばかりにスイッチが入ってしまいました。

Thomas Brinkmann / Lucky Hands
トーマス・ブリンクマン先生新作。モノによってわりかしコンセプトバラバラ気味な御方ですが、今回は直球というか、変な言い方ですけど“ちゃんとアルバム”って感じがとてもしますな。フロア系ではありますが、TBAのボーカルをフィーチャーしていたり、自身のボーカルも披露していたり。クール。

Tracer Amc / Islands
すいません。こんなにも僕のツボを真ん中から撃ち抜く方々だというのに、初めて聴きました。すいませんすいません。1stも即行買います。すいませんすいませんすいません。

| | コメント (0)

2005.11.10

V.A. / The Mixing of Landscape
MonoのHuman Highwayからのコンピ。6アーティスト各2曲ずつで全12曲収録。何はともあれ、Fort Wayneのリイシュー盤からオミットされた"What Did You Say?"でしょう。これだけのために買える。

| | コメント (0)

2005.11.08

The Orb / Orbsessions Vol.1
10曲の未発表曲からなるお蔵だし作品集。ホントに純粋未発表曲集なのねこれ(あ、でも時折聞き覚えのあるネタがチラホラかな?)。そういう意味ではファンは押さえておく価値大でしょう。けど、レアアイテムを掴んで喜ぶヲタが必要とする曲情報がほとんど皆無。レコーディングした年とか、誰がどの曲に参加しているとか。ファンならそれぐらい当てろってことなのか?

| | コメント (0)

2005.11.07

Lackluster / What You Want Isn't What You Need
ついこの間、U-COVERからフルアルバムが出たばっかりなのに、もう新作が出ました、これもフルアルバム。新作といっても96年~03年作からなるようなのでお蔵出しって感じですけど。とはいえ、ファンにはたまらんです。

Cheval De Frise / La Lame Du Mat
USツアー中に録ったらしき5曲14分のEP。ボーっとしてたら売り切れてしまったブツ。今までにない生々しさがある音だなぁって思ったらDiluteとか31knotsでお馴染みのJay Pellicciさんが録ってるんですな。

Tiki Obmar / Seasons
欲しいm3rckモノは押さえておけシリーズ。Tiki Obmarは全然聴いてなかったんですけど、このアルバムはオリジナル3曲以外の11曲がmerckなアーティストたちによるリミックスなので、押さえなあかんやろと。リミキサーはProswell、Machine Drum、Proem、Tim Koch、Deru等々。

Millimetrik / Variety is The Spice of Life
Below The Seaのパスカル(Ds)のソロ。2ndも出ているけどこれは2003年の1st。来年『爆睡ナイト』というイベントに出る予定なので、寝息(?)から始まるこのアルバムの1曲目欲しさに購入。といっても、Kranky系のどんよりエレクトロにSylvain Chauveauさんのギターが絡みつく楽曲とか、Third Eye Foundationが好きなんだろうなぁって曲とか、これはこれでその辺が好きな人にはたまらん逸品。

Quench / Dyn
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。Merck、Toytronic、n5MDをまたにかけて活躍中のQuench a.k.a. FunckarmaのU-COVER作。これまたどんより系でズブズブでチリチリでスペーシーなブレイクビーツ混じりなエレクトロ。

Danieto / Cirugia Casual
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。2005年って書いてある、これは今年の作品なんだ(今知った)。チリの電子音系アーティストってあんまり聞いたことないですけど、前述のMillimetrikのようなどんより(どんよりばっかだな)したアンビエントをダブでまとめあげた感じで猛烈に素敵です。これ色んな意味で深いわー。

Ontayso / Score of an Imaginary Iceland
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。御大ONTAYSO(書いてみたかっただけです)。U-COVERの500枚限定シリーズの第一弾になった作品ですな。残っていてくれてありがとう。40分1トラックの実験色の濃いアンビエント大作。聴きやすくなったThomas Konerって感じもしなくもない。

Deltidseskapism / Dunklets Hogtid
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。これも500枚限定シリーズ。その第二弾。40分6トラック。…あ、だからこの限定シリーズの名前が"U-COVER 40"なのか。今頃気づいた。このアーティストの名前は見るの初めてだなぁって思ったけど、自分のiPodにこの名前を見つけてビックリ。何かと思ったらMille PlateauxのClicks & Cuts 2に参加していたんですな。なるほど音もU-COVERらしからぬクリックな感じです。ちなみにa.k.a. Bauri。

Cosmic Connection / Iambic
U-COVERも押さえなきゃシリーズ。これも500枚限定シリーズ(ここまでコピペ)。その第四弾(ちなみに第三弾はIyunx Productions。それだけは元々持ってた)。40分10トラック。どうやらこのシリーズはアンビエント&エクスペリメンタルなシリーズのようですな。やっぱりどんより系のダンストラックです。どんより系だけどダンストラックです。すごく"ナニカ"っぽいんだよなぁ。なんだろう。ベーチャンとかその周辺かなぁ。

| | コメント (0)

2005.11.04

Sun Kil Moon / Tiny Cities
2ndアルバムでありながら全曲Modest Mouseのカバー。
さすが、Mark Kozelek先生。ソロでも全曲AC/DCのカバーとかやらかしてましたもんね。とはいえ、誰もが想像する通り、どっからどう聴いてもMark Kozelek節にしかなっておりません。もう、どうにも素晴らしい。ちょっと短すぎることも含めて素晴らしい。

| | コメント (0)

2005.11.03

Nybbl / The Path From a Point is the Shape of a Heart
Noise Factory新作。
情報のあまりない人ですけど新人さんで1stみたいです。
レーベル色の濃いどんより漂流系ポストロックを最近アルビニ級なワーカホリックぶりを見せているTwerkさんがマスタリング。ものすごく良いあんばいに電子音が絡み付いてますな。

Beef Terminal / Anger Do Not Enter
Noise Factory御大新作。
Beef Terminalは前作発売時に初めて聴いてそこまでの3枚をまとめ買いしたもんだから、いまだにどのアルバムがどういう順番で出たのか把握出来ずにいます。が、そんなことは二の次です。メチャメチャ良くって心臓がンギュゥと痛くなりました。心臓の病じゃないと思うのでBeef Terminalのせいでしょう。たぶん。

Pub / Summer
Pub / Do You Ever Regret Pantomime? + LIVE
これまた最近出た最新作で初体験してそのままドハマリしたPUB。この2枚(3枚)は2000年リリースのEPと1stアルバムのリイシュー。日本だけでのリイシューらしいですよ。ちなみに、Summerは今年活動を停止してしまったVertical Formのカタログナンバー1番なんですな。いやぁ、しかし、なにはともあれSummer。これすごいですね。一生聴く級のトラックですな。ただただ再発を感謝するばかり。

Esa Ruoho / Spaces
最近好きで好きでたまらないLacklusterの本名名義での旧作。最近、n5MDとかm3rckとかToytronicとかばっかり聴いていて、この辺の系統が大ブームなのですけど、我が家には前記レーベルに比べてU-COVER作品が極端に少ないという事実に気づきました。ということで某通販ショップに大量発注。めざせコンプ。

| | コメント (0)

2005.11.01

Global Communication / 76:14
某Black Dog ProductionsのBytesのような「そのままやないけ」というリイシューと違って、このリイシューは素晴らしいことこの上なし。ケースからしてバージョンアップしてるもの。しかーも!7トラック73分超のDisc2付!持ってる人も持ってない人も買いなさい。そして、余った旧76:14を誰かにプレゼントするといい。

| | コメント (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »