トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.22

Weave / Of The Nature Tone
WeaveはCactus Islandの。
僕の好きなエレクトロニカはこういうのです。
というようなIDM的エレクトロニカ。

Lars Horntveth / Pooka
Jaga JazzistのLarsさんのソロ。
「え?今頃?」って感じなんですけど、
いつでも買えると思って先延ばしにしていたら
突然どこもかしこも在庫切れになってしまって
密かに血まなこになって探していた盤なのです。

| | コメント (0)

2005.07.21

EELS / Sixteen Tons (Ten Songs) 2003 KCRW Session
超ロケンローだったジャパンツアーの2ヶ月前に収録されたものですけど、かなりジャパンツアーのソレとはアレンジが違いますね。抑え気味。といっても10曲で30分ちょいなんでだいぶ疾走はしているんですけど。

| | コメント (0)

2005.07.15

Gimmik / Load Error
Toytronicのカタログナンバー01。アナログ限定だったのが今回初CD化。で、アナログ時の6曲に加えて未発6曲(というか5曲+α)。アナログ買わない僕には死ぬほどありがたいリイシュー。

E.A.R. / Worn to a Shadow
SpaceAgeに発注しているのですが一向に届く気配がないので『ダブったらダブったでいい』というつもりで購入。ちなみにこれが在庫最後の一枚。

Hammock / Stranded Under Endless Sky
ハンモックさん早くもニューマテリアル。限定らしいっす。

Secede / Bye.Bye.Gridlock.Traffic
Sending Orbsからの「Tryshasla」にすっかりやられてしまったので、「Merckからの前作も入れて~」と店長さんにお願いしていた盤。たくさん入荷してました。

Boy Robot / Glamorizing Corporate Lifestyle
少年ロボも新作「Rotten Cocktails」にすっかりやられたので前作購入。このコンプ癖がなかったら僕は今頃大金持ちだったと思う。

Portal / Waves & Echoes
あからさまに僕が好きな音楽であるにもかかわらず、アルバムをちゃんと聴いたことがないのですよ。Portal。ここまでスルーしてきてしまった のでこれも買うかどうか多少迷ったのですがウルリッヒ・シュナウスさんが「Beautiful, inspiring music」とコメントを寄せていたので購入しました。コンプ癖があるので気に入ったら過去作もきっと買うのでしょう。

Kash / Beauty is Everywhere + Kash
新作フルアルバムのレコメンド文を読んで興味を示していたら店長さんにそれより前のEPをまとめた企画盤の方が僕向きだとお薦めされました。アルビニズム全開なイタリアンポストコア。ああ最高だ。

| | コメント (0)

2005.07.14

Kinski / Alpine Static
Kepler / Attic Salt
偶然だけど、「K」で「A.S.」な両盤が同時到着。

キンスキーはなんだかロケンローしてますね。
ケプラーは随分変わった気がする(ポップになった気がする)けど、
久しぶり過ぎて前がどんなだったか記憶が曖昧。
旧作引っ張り出してきて聴いてみよう。

| | コメント (0)

2005.07.13

Matt Elliott / Drinking Songs
Matt Elliott a.k.a. The Third Eye Foundationの、この名義では2ndになるアルバム。リミックスシリーズOuMuPoで久々の3EF名義復活もありましたけど、基本的にはこの名義で行くんですな。

Proem / LiveMD[CD?]
n5MD新作はm3rck、Toytronic、Neo Ouija周辺(もちろんn5MDも)でお馴染みのProemの新作。こんなタイトルだけどちゃんとCDでのリリース。ライブだと結構硬質めな音なのね。

Spark / Super Robot Battle Deluxe
n5MD新作。スーパーロボット大戦。らしい。
内容は別にスーパーロボット大戦じゃないんですけど、前作はなんだったんだ(というか今作はなんなんだ)っつーぐらいの暴れっぷりですな。

| | コメント (0)

2005.07.10

Kid606 / Resilience
こんだけリリースのペースが早いと、毎回「もう出るの?企画盤?」って思うわけですが、今作もちゃんと新作フルアルバム。
このところズンドコジャングルコア路線作品が連続して出ていたのでこのまま行くのかと思ったらこれまた大幅に路線の違う作品を出してきましたね。さすがKid606。かなり落ち着いた内容だけども、Mille Plateauxから出していたようなクリック路線ともまた全然違って、正直一回聴いたぐらいじゃ良いとも悪いとも言えないような内容。

Blir. / Blir. (Raster Post #8)
SNDの変名ユニット。SNDをやめたのか、これはこれで別なのかは不明。内容はもうSND。執拗にミニマル。反復反復また反復。ただの反復でこれだけアゲてくれるアーティストってのも稀有ですな。

Epic45 / England Fallen Over EP
Make Mine Musicからの5曲入りEP。一曲目の出だしから「ふぉぉ…きたぁぁぁ…」と鳥肌。ドローン系の変化球アーティストの括りと思っていたんですけど、いつの間にか直球勝負の出来るオルタナティブ・ロックバンド(←この言い方、大いに誤解を受けそう)になっていたんですな。いや、すごい。

Keef Baker / The Widnes Years
n5MD新作。UK発なのかな?これが1stフルアルバムとなるようです。音はn5MD的IDM…ではあるのですが、結構ハードな方向。荘厳な感じはThe Third Eye Foundationも想起させたり。引き出しの多そうなお方です。聴きごたえ十分。

Vesna / Snow Sences
これも、n5MD新作。n5MDのコンピMD8とかSutemosのIntelligent Toys 2で聴いたことがあったぐらいなのですが、これが2ndアルバムになるロシアの2人組だそうです。ロシアと聴いてなるほどというかなんというか、ひんやりとしたヒップホップ土台なIDM。Boards Of Canadaが好きな人とかにも響きそう。

| | コメント (0)

2005.07.07

Fennesz Sakamoto / Sala Santa Cecilia
フェネス&坂本龍一のライブ盤。19分1トラック。
とりあえず、スピーカーで聴いてるんですけど、
小山田圭吾の所在どころか教授の所在も分からない。
やっぱりヘッドホンで聴かないとピンと来ないっぽい。
ヘッドホンで聴いてもピンと来ないかも知れんけど。

| | コメント (0)

トップページ | 2005年8月 »